本文へスキップ

須磨区白川台の耳鼻咽喉科クリニック  田坂耳鼻咽喉科です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-793-6872

〒654-0103 神戸市須磨区白川台6丁目23−2 ルナドーム1F


田坂耳鼻咽喉科

口腔・咽頭の疾患ORAL-PHARYNX DESEASE

症状と病気

 舌が痛い時はまず全体がピリピリしたり、はれぼったい時はカタル性舌炎。舌をだすと、舌の両側にくっきりと歯形がついているような時は舌全体が少し腫れています。痛みが限局している時などはたいていアフタ性口内炎でしょう。 ただ発赤している場合もありますが、たいていは紅暈を伴って1〜5ミリ大の円形の潰瘍状に白くなっています。口腔内に再発性の難治性のアフタ・目や陰部の病変を伴う場合は、希ですがベーチェット病も考えなくてはなりません。舌側縁に白い潰瘍があり周囲に固い土手状の硬結があって、潰瘍が次第に増大していく時は舌がんの可能性があります。アフタの治療をしても全く治らず次第に悪化するならまず、舌がんを疑います。よくベロを引っ張り出して奥をみると、ぶつぶつがあるといって飛び込んで来られる患者さんがいますが、これは有郭乳頭といって、味を感じる部分ですからなければ困ります。身内や知人を舌がんで亡くされたような方は、一種の癌恐怖症になって、何でもないことが気になってしまいます。舌がんは、歯に接触する場所にできるのが大半です。真ん中や先端は稀です
口腔内に痛みを出す病気は多彩で、最もポピュラーなのは乳幼児の手足口病でしょう。手や足に紅斑や疱疹がなく、口内症状のみの場合はヘルパンギーナといいます。そのほか、ヘルペス、帯状疱疹なども時にみられます。
年に一度位、ほほの奥に白いレース状の線を伴って赤く痛いといってこられる患者さんがいますが、これも希な扁平苔癬です。カビが生えているといわれ、カビの薬を塗っておられた方もいました。
さて、のどの痛みに移りましょう。まずは風邪に伴う咽頭炎、これはたいていウィルスによるもので、全体が均等に赤くなっているものをびまん性咽頭炎、ぶつぶつができている様にみえるのが濾胞性(顆粒性)咽頭炎です。通常は抗生剤は不要で、消炎鎮痛剤や、粘膜修復剤などで一週間程度で治癒します。しかし、治癒の過程で、のどが過敏になって、鼻呼吸をして、暖かく湿った汚れのない空気を吸っていると何もないのですが、会話して口呼吸をするとのどが刺激され咳発作が誘発されることもよくあります。「風邪症候群後の上気道過敏症に伴う咳漱」と定義されています。2週間以上続く方もおられるので、早くのどの過敏性を直すのが肝要です。扁桃は以前は扁桃腺と言われていましたが、今はただ扁桃といいます。カタル性扁桃炎→化膿性扁桃炎→扁桃周囲炎→扁桃周囲膿瘍とどんどん悪くなりますので、早期の的確な治療が必要です。抗生剤が効かない耐性菌が多くありますので、注意しないと入院して扁桃周囲を切開排膿する羽目に陥ることもあります。特に働き盛りの男性は、我慢に我慢を重ね無理をするので、受診をした時には既に診療所レベルで治療する段階を超えていることが多く、高熱と痛みと含み声ですぐに分かるので、その場で病院を紹介すると、たいてい即入院となっています。

病気概要

 アフタ性口内炎一つまたは複数の大小様々な円形の浅い潰瘍を作ります。潰瘍の周囲は赤くなり(紅暈)一週間ないし二週間で自然治癒します。しかし痛くて食事摂取も大変ですので潰瘍をカバーして治すような口内用軟膏や粘膜修復効果のあるくちすすぎ薬、消炎鎮痛剤も必要になることがあります。ラジオ関西で講演する機会があったのでよく調べましたが、原因は不明です。ただ、口内はいつも傷があり、そこに細菌が集まって抵抗力が弱くなっているような時に発症するというのが一般的ですアフタ性口内炎写真
 舌がん下の写真は全部舌がんです。左から右へ行く順に舌がんが進行しています。上のアフタの様な白い斑点のような潰瘍を伴っていますが、アフタの様にきれいな類円形ではなく、一見して悪そうな顔をしています。触診すると白い斑点のあたりは硬く触れます。この硬い部分を生検しないと舌がんとはわかりません。全例痛みが強いのですが、口内炎だろうと放置されていた例です。舌は血管・リンパ管に富み、かつ動きが激しいので、首のリンパ節に転移が起こりやすく、首のリンパ節郡を一塊にしてごっそり取り去る手術も必要になることが多くあります。ご覧になったら分かるとおり、全例舌側縁にできています。原因として、尖った歯、不適切な義歯による慢性的な傷と刺激があげられています。そのような歯をお持ちの方は、すみやかに歯の手入れをされることをお勧めします。ですから舌がんは舌の前は舌背(舌の真ん中)に生じる事はほとんどありません。 舌がん写真1舌がん写真2舌がん写真3
 咽頭炎左は正常な咽頭粘膜。次ははのどの粘膜に分布しているリンパ組織(リンパ濾胞)が炎症性に発赤し肥大したもの。通常はウィルス性に発症しますが、たまにリンパ濾胞内に膿を見ることもあり、細菌感染に移行することもあります。疼痛を伴い食事ができないほどではありませんが、感染を起こすと嚥下痛が強くなります。右は咽頭側索炎、のどの両側の発赤と張れを認めます。いずれも治癒の過程で次第にのどが過敏になり、痛みが和らいで来た頃から、咽頭異物感・乾燥感・掻痒感などとともに口呼吸すると乾燥し、温度が違い汚れた空気を給気することで咳が出るようになります。鎮咳薬はあまり有効ではなく、ともかくのどの炎症を早く鎮めることが肝要です。 正常咽頭写真濾胞性咽頭炎写真咽頭側索炎写真
扁桃炎 陰窩性扁桃炎写真化膿性扁桃炎写真化膿性濾胞性咽頭炎写真扁桃周囲炎写真 1.化膿性扁桃炎       2.上の写真のリンパ濾胞の細菌感染と扁桃炎  3.扁桃周囲炎扁桃はホルモンや唾液を分泌しませんので、甲状腺や耳下腺などと違って、扁桃腺ではなく扁桃が正しい名称です。扁桃は表面にイチゴの様なくぼみが多数あってこれを陰窩(腺窩)と言いますが、内腔の表面積は広く、外界からの刺激に対して免疫機能を主とする防御作用を示します。防御が破られると炎症を起こし、ひどくなる順に、腫れて赤く大きくなるカタル性扁桃炎→1.のように陰窩に膿がつく化膿性扁桃炎、2.も化膿性扁桃炎ですが、咽頭炎の中程の写真のリンパ濾胞に膿がつき感染性咽頭炎になっています。3.のように口蓋垂も腫れ片方の扁桃の周囲の組織にまで炎症が広がると、ひどい痛みで摂食障害、開口障害、ピンポン球を含んだような含み声になり、首のリンパ節も腫れて痛くなります。こうなるともう入院して強力な抗生剤の点滴が必要になります。さらにひどくなると扁桃周囲膿瘍になり、扁桃周囲の膿を穿刺したり切開して排膿する必要がでてきます。心身ともに安静が必要で、なめてかかると入院してひどい憂き目を見ることになります。
 ヘルパンギーナ コクサッキーウイルスやエンテロウイルスによって起こる主として軟口蓋に点状の発赤や多発性のアフタを認めます。これに、手や足の発疹、紅斑を伴えば、手足口病です。幼児に多い病気で流行がありますが、口腔内は多発性のアフタになると痛みはひどく、乳児では、つばを飲むのも痛いので、唾液を垂れ流します。

次ページ